あくまのホンネ😈

貧乏デザイナーがまともな生活になるまでの記録

借金貧乏を早く脱したい理由

大切な人を失うかもしれない恐怖との戦い

本当に泣きたくなりました。
情けない。
5年付き合っている彼には借金があること、ブラックなこと、一切話していません。

下手したら婚約破棄にもなりかねないです。


だからこそ、もっと自分の仕事で稼げるようになりたいです。
時間がかかるかもしれないけどきちんと返せる能力があることを証明しなければ。

8月までがひとつの区切りと考えています。

引越し費用を用意出来なかったら、借金があることを告白しようと思います。同棲するなら、籍をいれようと考えていたので。

もし、正直に話して考えたいと言われたら…
仕方ないと思います。
それくらいマイナスなことだし、先々のことを考えたら不安要素ですからね。

でも、彼を失いたくない

だから踏ん張る!やるしかない。

やっぱりお前はダメだった、と言われたくない

あくまさんは幼少期から難しい性格でした。
いつも斜に構えているというか…笑

習い事やスポーツもあまり続かず、友達もいてもいなくてもどっちでもいいスタンス。
中学時代は軽い鬱になって学校も部活もさぼりがちだったので、地元に仲のいい人は1人もいません。

多分このままだったら、ずっとダメなやつのレッテルを貼られ続けるんだと思います。

それはやっぱり悔しい。

好きだと自信を持って言える仕事に出会えて夢を叶えたんだから、
あの頃とは違う、堂々と自分らしくいるために借金くらいで倒れちゃいけない。

アルバイトをしながらでも、技術を上げながら個人でやっていける道を確立したい。


今日はいつもと違う記事です。
本当の本当のホンネ。

いつか、いや、必ず
こんなことで悩んでたんだよなって
笑って見返せるようになっていたい。



スポンサーリンク