あくまのホンネ😈

貧乏デザイナーがまともな生活になるまでの記録

フリーランス奮闘記 ¦ はじめての確定申告を会計ソフトで済ませる


勢いでフリーランスのデザイナーになったあくまさん。
2016年から在宅デザイナーとして細々と活動していますが、正式に開業したのは2018年の9月から。

ということで
はじめての確定申告を提出してまいりました。

はじめての確定申告を終えて思ったことと、これからの課題

開業してすぐに会計ソフトを導入して良かった

開業してからすぐに利用を始めたのがクラウド会計ソフトの「freee」
これがなければ確定申告を済ますことができませんでした!ほんと利用してて良かった|ω・`)
www.freee.co.jp

レシートを撮影するだけで経費の仕訳と登録も出来るし、クライアント宛に請求書を作成すると、自動的に帳簿付もしてくれるんですよね。

請求書だけじゃなくて、見積書、発注書も簡単に作成と発行ができるのが一番助かる!

経理ってそもそも何?
帳簿付ってどうするの…?
と疑問だらけだったので、わかりやすく、確定申告も簡単に作成できる「freee」は経理素人のあくまさんにぴったりなサービスでした。

確定申告の書類を早急に提出しなければならない用事があったので(奨学金猶予申請提出のため)焦りながら作りましたが、作業自体は1日で完了できます。

確定申告を作成するページから、日々の経理を確認しつつ、freeeの案内に沿って入力するだけで申告書が出来上がりました!
わからない場合の用語説明もすぐ確認できるし、具体的な入力方法も画像付きだからわかりやすい!

提出方法は税務署に持ち込みにしたので、コンビニでプリントして封筒に入れて提出!
あくまさんは2日かけましたが、freeeを導入しないまま確定申告してたら3月15日ギリギリになったはずですね…

来年も確定申告はfreeeで作成して、楽に済ませたいと思います(⃔ ・ᴗ・ )⃕↝

地方の税務署は申告書作成コーナーが凄く混み合う

東北にあるのどかな町で暮らしているあくまさん。
隣町の税務署まで車で20分かけて提出しなければなりません。

はじめての確定申告だったので、郵送ではなく直接提出しに行きたいと息巻いて行ったものの…

受付で簡単な記入をして、すぐに通され、マイナンバーや書類を確認され…
たった2.3分で提出完了しました( °o°)早

じゃあなんでこんなに駐車場が混んでいるんだ…と思いながら税務署をでると
道路を挟んだ向かい側のビルで「確定申告作成コーナーはこちら」と看板が立てられていました。
どうやらそちらが混みあっているようです。

会計ソフトを導入している人よりも無料相談会や、直接税務署の方と話しながら確定申告を済ませている人の方が断然多いんでしょうね。

これからは自力で経理の知識を増やして、会計ソフトで済ました方が時短にもなるし後々楽になってくるかな、と実感しました。

会計について、税金についての知識を増やす

予想以上に、簡単に確定申告を済ましてみて。

経理や税金の知識はまだまだ足りないし、自力で勉強しなきゃいけない部分が沢山あるなと感じました。
会社員だったころと違って、自分で把握しなければいけない情報量が段違い。

でもフリーランスとして独立しなければ、税金についてや、会計を考えたりすることは無かったはずです。
フリーランスのデザイナーとして生き抜くために、資産を増やすためにはどうしたらいいのか、少しでもお得に生きるためには何をしたらいいのか、自分なりに実践しながら覚えていきたいと思います。



スポンサーリンク