あくまのホンネ😈

貧乏デザイナーがまともな生活になるまでの記録

フリーランスになって借金しちゃった件 ¦ 借入状況

フリーランスのデザイナーになると決めたものの、すぐさま経済的に困窮状態になり借金貧乏デザイナーなってしまったあくまさん。

今回は現在の借り入れ額と融資に至るまでの経緯を暴露します。



現在返済中なのは

①消費者金融L 約20万
②消費者金融P 約40万

合計 約60万円
★ 月々の返済額 5千円~1万円

初めて借金をつくってみての感想は
いとも簡単に、誰にもバレずに出来るもんなんだな
という点に限ります。それが怖い。

そもそもフリーランスって借金できるの?

これは申請してみないと分からない部分もありますが、あくまさんは月々の収入や年収もこれくらいになりそうだという概算を伝えた所、大手消費者金融2社から借入が出来ました。

ちなみに①の方はカードローン、②はアプリローンです。
2社ともネットからの申請で、審査が通ってから融資までは迅速な対応でした。
消費者金融から借入をする場合、希望する借入金額によって、収入証明書などを提出しなければいけない時もありますが、2社とも証明書の提出は求められませんでした。

フリーランスになったばかりの自分でも「自営業」「個人事業主」として融資してもらうのは可能なんだろうか…とかなり不安でした。
ただ、10~50万円くらいだと月々の支払い金額も数千円から1万円ほどなので、安定した収入があれば融資してもらえる可能性が比較的あるようです。

クラウドソーシングでの報酬は「安定した収入」になるのか?

消費者金融から借り入れする場合、必ず審査がありますよね。

大抵の銀行や消費者金融の融資基準は

  • 満20歳以上であること
  • 安定した収入があること

この2点は必ず記載があると思います。

この時、ふと疑問に思ったのは
「クラウドソーシングでの報酬は安定した収入になるのか?」ということです。

あくまさんは当初、クラウドソーシングを使って仕事を受注していました。
きちんと業務委託として契約している代理店や制作会社は無い状態です。

クラウドソーシングの場合、コンペやプロジェクトに当選してから契約するのが前提なので安定…とは言えないのかなと思いましたが、消費者金融のオペレーターにクラウドソーシングで仕事を受注している旨を話した所、その電話で数分ほど検討されることに。

結果、審査は通りました!

一応、クラウドソーシングだけで仕事を受注している状態でも借入は可能なようです。個人差あると思いますが

こうやって結構簡単に借金を作ってしまったあくまさんなのでした…

フリーランスでも融資額の増額が出来る!?

いとも簡単に借金を作ってしまったあくまさん。
実を言うと借金をしたことよりも後悔していることがあります。

それは月々しっかり支払いをしていると「増額できますよ」のお電話がくるのですが…
まんまと増額をしてしまい、限度額いっぱい使ってしまったことです。

本当に馬鹿だった…

それは消費者金融Pでした。
初めの融資額はたしか20万円で、その後何ヶ月か支払いをきちんとしていたら増額可能の電話で断らなかったので+20万融資が増えました。

現在は何回か支払いを延滞してしまったことがあるので増額はもちろん出来ません。
しちゃいけないし、破綻しかけてるしw

きちんと断れば良かったな…と今でも思っています。
借金自体、初めての経験だったのでことの重大さが分かっていなかったんだと思います。

借金を早く完済して固定費を減らしたい

60万でもあくまさんにとっては大金です。

月々の支払う額が高くなくても、長引けば長引くほど利息も取られます。
短期的にまとまった金額で返済していけるように日々努力です…

このブログではあくまさんの返済状況も定期的に掲載するつもりです。
同じく借金で悩んでいる人たちに少しでも勇気になれば幸いです…!

そして固定費を減らして、貯金を増やす!!

応援よろしくお願いします…( ´:ω:` )



スポンサーリンク